2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/11/12 (Sat) GERAN

IMG_0201 - コピー

恐れ多くも下妻で共演させて頂いたSHOKOさん,滝口ミラさん御出演の舞台を観に行ってきた


影 セルフ 癒し 痛み 依存 トラウマ 

ユンギアンに限らずセラピストなら無意識に反応してしまうコトバのオンパレード


舞台を見ているこちらの身体感覚に何かを訴えかけてくるような、こちらの主体を揺さぶられるような、そんな刺激的な舞台作品だった

 

ケータイを取り上げた作品ではあるがテーマはケータイにとどまらない

むしろケータイを通して、現代に生きる人間のこころとからだを問われたような気がする




舞台 「夏嵐~げらん~」2011/11/11~13@大阪ABCホール
http://www.gekitong.net/geran/index.html

スポンサーサイト

舞台ノススメ | trackback(0) | comment(0) |


2010/04/12 (Mon) 祝☆15周年☆芭蕾舞

今のバレエスクールに通い始めてどうやら15年 経ったらしい・・・

ということが最近発覚致しました。
うちのバレエスクールではレッスン歴5年、10年、15年、20年…と5年単位で(恐らく)表彰がありますちなみに舞台上で。 →結構恥ずかしい。

しかしながら私はレッスンには行っているものの高校卒業以来舞台には立てていない&今回は仕事の面接でそれどころではなかった
ので、他の方々の舞台も見に行けず。


先週レッスン後、先生に呼ばれて行ってみると…

 「おめでとう~・・・で、何年なんやったっけ?」 (と笑顔で記念品を下さる)



 「・・・」  (不意を突かれて混乱)

どうやら15周年あにばーさりーだったようです。
えっと、前のバレエスクールでの年月を含めると

・・・22周年?!?!ΣΣΣ


とかいいながら、22年もやってていまだに二回転すら確実じゃありません。稽古場の端から端まで回転していくと目がまわってそのまま鏡に激突。

けれど、最近はバレエをやっていると自身の心身のバランスがなんとなくわかるような気がしてきました。
どうも身体のコントロールがうまくきかなかったり、集中できなかったり…そういう身体からのメッセージにちょっと耳を傾けることも大切なんじゃないか。
やっぱり自分の中で色々迷いがあったり心が揺れてるときは、実際踊ってる体の動きとしてもどうもバランスが取れない。
心も体も軸がぶれてる ってサインなんだなと思います。

自分の軸を探ることって、身体面でも精神面でもどこか通じてる気がする。自分の軸はここだ、とかこの辺にあるらしい、とか、そんなはやっぱり繰り返し常に鍛え続けないと鈍ってしまうんじゃないかと思う。
そういう意味でも、精神面が弱ってるときは身体面、身体面が弱ってるときは精神面に焦点を当ててみて、それぞれフォローさせながら自分の軸とか自分のあり方を探ってゆけたらいいなぁと思います。

・・・とは言ってみるものの、そう簡単にはいかないのが現実。 

心に抱えきれないことはしょっちゅう身体に症状を出す自分。これは鍛えられることなんだろうか…
身体っていろんなことの表現ツールなんだなぁと改めて思うと同時に
 やっぱり身体は何より正直だと感じる今日この頃。 
身体の反応だけはなかなかごまかせないモンですね。

ま、なにはともあれ、22年間細々ながらも自分と一緒に生きてきてくれたバレエは自分自身を感じることのできる、自分を知れる大切な世界。感謝したいと思います

ささ、長い話はこれくらいにしてゆるり風呂でもするか~ッッ
雪見

数年前母上からもらったプレゼント(笑)バニラのよひかほり…心身共に癒されまする

あぁ・・・雪見だいふく食べたくなってきた・・・

舞台ノススメ | trackback(0) | comment(0) |


2010/04/04 (Sun) 遂に観劇☆ディートリッヒ☆

元宝塚のタカハナ(和央ようか&花總まり)コンビ、遂に復活!!!

http://www.youtube.com/watch?v=B64u2FwNHuM


・・・ということで観劇してきました「ディートリッヒ―生きた愛した永遠に―」@大阪梅田コマ劇場


おっと…まずはしっかり腹ごしらえ 
ランチ2
梅コマ近くのNu茶屋町DRUNK BEARSのサーモンとアボカドごはん
アボカドいっぱいで幸せじゃぁぁぁぁ母上ゴチになりますっっ

ついこの間は熊哲(熊川哲也)の「海賊」を観に来た梅コマ。引き続き今回はミュージカル座席はその時とほとんど同じ位置(笑)だけど、全体が見渡せました♪

今回はようやく長年の願いがかなって…
現タカコさんのマネージャー、おハナさまが舞台女優復帰

去年はタカコさんがなんば松竹座でも上演される予定だった舞台を降板されたことで業界ではひと騒動あったとかなかったとか。
もし降板されてなかったら…松竹座の地下で当時バイトしてたワタクシ。確実に勝手に店のもの毎日差し入れに行っていたでしょう…あは、危険危険
けどまぁ…そんなことはどうでもいいんだ(ミーマイずんこさんのセリフ)また舞台に立って頂けたのであればぐふふ…

久しぶりにおハナ様の素晴らしい演技に涙涙涙…お声が聞けただけで満足です
タカコさん…やっぱりスタイル良いなぁ…というか普通の男性より背高いんじゃ…?!
カッコイイ女性、という雰囲気では良かったんだけど、私としては宝塚の男役のイメージが強かったのでもう一回男役見たいかも(笑)…無理?!
そしてえりか(麻尋えりか)さん男役から一転、娘役…ぴ、ぴったり声も姿も可愛すぎる…実は私と同い年というのもあってひそかに応援(笑)
ちなみにえりかさんの宝塚同期のベニ様(紅ゆずる)からお花のスタンドが劇場に!
紅さんお花

実はベニ様の声楽の先生は、私の母のお友達です私も声楽習いたいっっ(単純)
ジェンヌさんといえば、この日は宙組の組子さんが結構観劇に来てらっしゃいました(こういうことは取り敢えずチェックしておく)。やっぱり梅コマでのジェンヌ遭遇率は高いです。そういえばひと昔前、私が小学校くらいのときにレミゼを梅コマに見に来た時は、厚かましくも客席にいらっしゃった湖月わたる氏に堂々とサインをもらいに行ったたっけ・・・(子どもって…強いよねぇ)
あ、そういえば(パート2)高校の時はタカコさんがCDデビューされた時にタカコさん、おハナ様、わたる氏、じゅりさま(樹里咲穂)、ミズ様全員と握手させて頂けるという豪華極まりないイベントに当たって(懸賞運強し)学校終わってすぐ駆け付けたっけ…(当然塾はサボリ)

いろいろおもひでがよみがえるタカハナゴールデンコンビのあの頃。
あん頃はいかったぁー('94TMP久世様のセリフ)

といっても仕方ないので、次の舞台に期待しよう

…なにはともあれ、またおハナ様のエリザみたいなぁ・・・

舞台ノススメ | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/19 (Tue) 恭喜恭喜♪加油☆★桂文三★☆

先日5月16日、今まで大阪住んでたクセに、何回も前は歩いてるクセに、なんと生まれて初めてNGKなんばグランド花月に行ってきましたぁ
というのも、親戚のつくし兄ちゃんの襲名披露公演があったからいや、こんどから文三兄ちゃん(?)だけど、どうもしっくりこないのでま、いっか。
じゃああぁぁぁん
CIMG0623.jpg 
でっかい看板立ってる~
お兄ちゃんは20キロのダイエットに成功したそうなんですが、痩せて顔がおじちゃん(つくし兄パパ)にそっくりです。

そして開場のときは・・・
ずら~
CIMG0628.jpg

ってのも、この日はつくし兄の為に、なんとなんと!
桂三枝さん、文珍さん、春團治さん、きん枝さん、かい枝さん、月亭八方さん、林家染丸さんが出演して下さるのですぅ生で見られるなんて贅沢極まりないッッ

で。 
初NGKながら初楽屋潜入に成功したワタクシフフフ
お兄ちゃんとお話していると、その横を月亭八方さんがするーっっと楽屋入りされ、次の瞬間つくし兄はワープして八方師匠に「師匠今日はありがとうございます」と挨拶をしていました。

すると。

「かまへん」「話しといで」と八方師匠。

・・・な、な、な何て優しいんだ~ッッ
魔法のレストラン、ぜったいみようとおもいました。

そして感動のピークは口上のとき。
口上では本人は話さず、ずっと頭を下げていて、他の師匠方がお話してくださるんですが。

今回のつくし兄襲名に関して「一門の誰からも反対が無かった」とか、「誰からも愛されるかわりに彼は誰でも愛します」とか、「いつも笑顔」 とか、そんなコトを言って頂いて・・・

隣に座っていた母と、ついうっかり号泣。 
周りのおばちゃんに不審がられました。でもえぇねん、しゃあないねん、いろんなこと思い出しちゃったんやもん
それにしても、お兄ちゃんって今までこんなに優しい先輩方、一門の皆さんに支えられてたんだなと思うと
・・・感謝感激極まりない。そして温かい拍手を送ってくださる客席の方々。立ち見でも来て下さる方までいらっしゃって、本当に有り難いなと思います。

落語の世界がどんなに厳しいか、そもそもどういう世界なのか私は分かりません。今回の襲名がどんなに大変な、すごいことだったかもあまりよく分かりません。
でも、私がほんとに小さい頃から今まで、お兄ちゃんは一度もいわゆる上から目線で接するということが一切なかった。普通の人なら、ちっちゃい子にはそれなりの大人の接し方っていうのがあると思うけれど、お兄ちゃんはそうではなくて、私の側からものを見てくれる人だった。そしてそれは今も変わりません。

まさに癒しのセラピストです。

私は今そういうことをわざわざ大学院で、実習に行ったりして勉強、訓練させてもらっているけど、それを自然にやってのけちゃうお兄ちゃんって、すごいなあ・・・と改めて実感。見習わねば・・・
CIMG0630.jpg今回頂いたお饅頭文枝一門の定紋、結三柏。
CIMG0647.jpgその昔貰った I お姉ちゃんデザイン(お兄ちゃんの奥様はイラストレーター)のつくし手ぬぐいと文三タオル

お姉ちゃんは犬好きの私のお願いで、親戚の家の犬のイラストをわざわざ送ってくれたことがあります。とても綺麗でセンスが良くて明るい、憧れのお姉ちゃんですこれからもステキなご夫婦でいてください


「これからやで」
一昨年亡くなった叔父やったら、お兄ちゃんにもこう言って応援してるんやろなあ、と思います。

 「桂文三」襲名おめでとう!! 

今回、お兄ちゃんは不満や怒りを袋にぶちまけるという「堪忍袋」というネタ。詳細→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%AA%E5%BF%8D%E8%A2%8B
私も、受容キャパの広い「堪忍袋」のような人に、セラピストになれるように、頑張ろうと思いました。
くれぐれもキャパオーバーして堪忍袋の紐が切れないよう注意しながら・・・(笑)

舞台ノススメ | trackback(0) | comment(6) |


2008/07/24 (Thu) ☆哥哥恭喜恭喜☆

約90年ぶりに復活へ 桂つく枝さん「文三」襲名決まる
http://www.asahi.com/kansai/entertainment/news/OSK200807220101.html

母方親戚のお兄ちゃん(といってももう40だけど)の「桂文三」襲名が発表されましたぁッッ有り難いことに、朝日新聞にも掲載されてました
つく枝にーに、おめでとう
因みにつく枝兄のブログはひたすら食べ物です。私と同様。
楽屋にはものすごいボリュームのお菓子ばっかり差し入れがくるそうです。
番組収録中もお饅頭(既にスタッフさんが準備してくれたらしい)食べてました。

こういう、何か常に食べ物に執着するとこって・・・遺伝するモンなんですかね?
一日に消費するアイスの量が日に日に増していく私。もはやアイス強迫症。「アイス食べないといけない」強迫観念に毎日絶賛追い込まれ中。

・・・お腹に気をつけよう

舞台ノススメ | trackback(0) | comment(4) |


2008/01/20 (Sun) ♪芭蕾舞的発表会♪

今日は、バレエスクールのウィンタープチコンサートの お手伝い に行ってきました
残念ながらバレエの舞台には高3以来立ってません(ってか、よくも受験生の分際で舞台に立てたな、とも思う。)一昨年は有り難いことにミュージカルの舞台に立たせて頂きましたが

高校生の時までは同じバレエスクール内でも、大阪市内の本部教室と堺市内の教室の両方に通っていたし、それなりに交流は色々とあったんですが、今は週一回、堺市内の教室にしか行ってないので、他の教室の先生方やお友達に会うのは超久しぶり。仕事とバレエの両立をさせている子、勉強とバレエの両立をさせている子。本当にすごいな、と思います。

一番驚いたのは、あの時こんなに小さかったあの子が、今やトゥシューズをはいて踊ってるということ。
私が発表会に出ていたときは舞台袖で小さい子たちの召集やら誘導やら色々していたわけです。そのときの子達が、今やきっちり礼儀正しく挨拶し、自分で化粧もし、まぁ、この子達は私のことは知らないでしょうが、私はまるでお母さんの気持ちが分かるくらい嬉しかったぞ~ッッこんなに大きゅうなって・・・(どこぞのおかん?)

今日の舞台を袖で見ていて一番印象に残ったのは、私が初めて一人で踊らせて頂いた時の踊り、ドン・キホーテ第二幕「夢の場」キューピッドのバリエーションhttp://http://www.youtube.com/watch?v=w_yKyPwMePA

昔、バレエスクールの憧れのお姉さんがコレを踊っていて、どうしても踊りたくて、それが叶った時の喜び。
トゥシューズに足が負けて皮がめくれながらも必死にテーピングしてこらえた練習の日々。
思い通りに踊れなくて、何度も悔し涙を流した、そんな思い出の詰まったバリエーションです。

当時の私と同じくらいの年齢の子が、当時の私が着た衣装を着て、舞台で一生懸命踊っているのを見ると、こちらまで緊張&感動しました

最近はウチのバレエスクールからもバレエ留学に行く子達が増えたり、今年はなんと男の子が一人、バレエ界の登竜門、ローザンヌ国際バレエコンクール予選通過したり、みんな物凄い活躍ぶりッッ

みんな、自分の夢や目標に向かって本当に一生懸命なんですね。
うまく踊れなかったと、肩を落とす子もいました。でも、私はみんな今日も大成功だったと思います。



舞台袖で見た、眩しいくらいのスポットライトと小さなバレリーナたちの影。

彼女達から、何か教えられた気がしました。

舞台ノススメ | trackback(0) | comment(4) |


2007/01/10 (Wed) 我哥哥★

20070110214808


にぃにぃです、つくし兄ですッッ正確には母の従兄弟なのです
そして実は落語家です

舞台が中心ですが、ときどきこんな感じでテレビや雑誌にちょろりと登場しかも今回は和服ではなくて私服だぁ
去年は大先輩桂文珍・南光師匠達とのトーク番組(・・・に混ざってひたすら和菓子を食べていたり)、NHK朝の連ドラ,風のハルカに不動産のお兄さん役(いや,おじさん?)でも登場してました
もちろん,私は大学のテレビを占領して見てました~

私が小さい頃からよく遊んでくれていて,ツンツンの頭を触るのと,お腹をぽんぽん叩くのが好きでした(笑)親戚同士で「トトロ」ならぬ「トロロ」と呼んでいた記憶も・・・
母曰く、私が初めて?つくし兄の舞台を見に行ったときは、客席から舞台に、お祝いのお花・・・ではなく、ティッシュペーパーを持っていったそうな。→本人記憶ナシ。

そんなつくし兄が初めて私に伝授してくれたネタは一生忘れませ~んッッ

それは…

 「ちょっとこっちにきなこもち!!」 

そぅ,当時私はきなこもちが大好物(笑)(って、勿論今もそうだけど)それでつくし兄がとっさに作ってくれたのです

みなさんもゼヒ、ちょっとだれかさんを呼び寄せるときに使ってみてください(笑)

ちなみに桂つく枝のブログはこちら

桂つく枝の満腹日記
http://mycasty.jp/katsura_tsukushi/index_blog1.html

いやぁ~やっぱり親戚同士、ネタが同じですね

なんたって、

 「食べ物。」 

つく枝兄のブログを見ても、お腹が空きますよ~

20070110214850

といふワケで、関西限定になりますが今月25日までのエルマガ2月号、95ページ,よろしくお願いしま~す♪

舞台ノススメ | trackback(0) | comment(2) |


2006/11/11 (Sat) 愛好的芭蕾舞♪

本日星期六(土曜日)は週に一度のお楽しみ、芭蕾舞(バレエ)のお稽古ですッッ

今思えば、週に4日、5日・・・と稽古に明け暮れた日々は、既に昔の話となりましたが・・・
トゥシューズも受験以来さよならしてるし、舞台にも立ってません
でも、私にとって生活になくてはならないものなのです

で、本日の稽古。

もぅ、久々に「グランフェッテ」というパを練習しました

ちなみにそれがどういうものかというと・・・↓
http://www.youtube.com/watch?v=nPiFHNOJrXM&mode=related&search=

(日本でも超有名な、ニーナ・アナニアシヴィリというバレリーナです)

これはドンキホーテのコーダ(ラスト)の部分から。このグランフェッテは一番踊りの中で盛り上がるところに大体組み込まれています

ちなみに私?!
まさかこんなたくさん回転できません
コレ、合計32回転ですよ
久々の割にギリギリ17回ほどで限界(笑)→しかもトゥじゃないし
32回も回る前に世界が回転します

帰ってきて、どうやったら綺麗に回れるのかなぁ、というか、回転中あちこち移動せず(下手なので軸足がどんどん左右上下移動しちゃうのです)回れるのかなぁと思って、最近ハマッているYou Tubeの動画を検索してみたところ・・・

何と中国人ダンサーのフェッテ動画発見
http://www.youtube.com/watch?v=EVM25YY3SFY

舞台ノススメ | trackback(0) | comment(10) |


2006/08/07 (Mon) 芭蕾舞発表会☆

20060807224010


昨日はバレエスクールの発表会でした☆
ホント久し振りに先生方にお会いできたり、既にバレエスクールを辞めたお友達に会えたり・・・で一気に懐かしい~思い出が蘇ってきました(^0^)

私は高校以来,バレエの舞台には立っていないのですっかりOB化しちゃいましたが(笑),まだまだ現役で頑張っている友達を見て,凄く羨ましくなっちゃいました♪みんな上手すぎ~ッッ!!!(≧▽≦)

ついこの間まで一緒にレッスンしていたような気がするのに,その子達がホントのプロのバレリーナに見えました(゜o゜)一人一人が輝いていて,見ていて眩しい位★正直,何だか寂しかったです(>-<)

実際、人生なんて何が起こるかわからないもの。私はいつも色んなものに影響されて色んなことに首を突っ込みます(^-^;)→だからいつも中途半端(笑)そして失敗→挫折→復活・・・の繰り返し(学習能力ナシ。ま、いっか☆)

要は自分にとって何が大事で何に価値を置くか。
私もいつか、型にとらわれない自分の生き方っていうものが見つかればいいなぁと思います♪
ま、それを探すのが人生というものなのかもしれませんが(^-^;)
・・・久し振りにわっちの哲学タイムでした(笑)

舞台ノススメ | trackback(0) | comment(0) |


2006/05/30 (Tue) 下妻・ヤンキーな日々(笑)

昨日のコト・・・
やっぱり見てしまった「下妻物語」!!(>▽<)あ~ッッ懐かしい2~★☆
ちょうど去年の今頃はこの下妻物語ミュージカルのお稽古真っ盛り♪
わっちのヤンキー熱も絶頂で、日々ヤンキー研究。この映画を何度も見て台詞の言い回しや立ち振る舞いを盗んだお陰で先生には
「ヤンキー成長したナァ」
と喜んでよいのか悪いのか分からないお言葉を頂きました(^-^;)成長しすぎてうっかりタクシーの運転手さんに舌打ちしたことも(笑)
ヤンキーの他に、牛飼いのおばちゃんの役を頂いたのもちょうど今頃♪茨城弁を特訓してやったコント、楽しかったなぁ・・・
と、映画を見ながら久々に去年の舞台を思い出していました☆

舞台ももちろんそうだったんですが、この作品は何だか元気が出るんです♪別に超カンドー!ってワケでもないし、超スゴイ!ってワケでもない。正直、始めは「何コレ?」って思いました。(ゴメンナサイ)でも、見ているうちにどこか納得してしまう。桃子の、イチゴの(主人公の名前)気持ちに引き込まれていって、最終的にこの作品のテーマがはっきり伝わってくるんです☆
ホントに出会えてよかったと思える作品でした(^0^)

そして2!!ミュージカルの脚本・演出を手掛けてくださった吉峯先生。マツケンサンバ作詞に続いて今年は「マツケンAWA踊り」!!!(5/24発売)うわぁ~CD屋さん早く行かなきゃッッ(^-^;)楽しみ2♪

舞台ノススメ | trackback(1) | comment(1) |


| TOP | next >>

プロフィール

ふぅ↑

Author:ふぅ↑
今日ものびのびがんばります。


母上のブログ「ローズのティールーム」
親戚のブログ「桂文三の満腹日記」
空腹時を除いてご覧下さいますよう、宜しくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

meromeropark

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。